セミナー

2011年 第1回知的財産セミナー
日程2011年6月9日(Thu) 15:00 ~
タイトルRecent Developments of Patent Law in the US
最近の米国特許法の動向
日本語通訳有(日本語でも聴講できます)
講義内容Topics will include 35 USC 101 patent-eligible subject matter, reissue practice, false patent marking, infringement of claims requiring multiple parties, obviousness, damages, written description, doctrine of equivalents, and inequitable conduct, selected from cases since November 2010, along with update on patent reform legislation, PTO and legislative updates and update on USPTO examination programs

 今回は、昨年11月以降の判例から、35 USC 101条の特許の対象となる発明、再発行出願、虚偽表示、複数当事者が関与する侵害、自明性、損害額、記載要件、均等論、不誠実な行為、などが議論された判例の解説に加え、米国特許法改正及び特許庁の審査関連のプログラムの近況を予定しています。

 具体的な判例としましては、Research Corp. v. Microsoft及びPrometheus v. Mayo (35 USC 101条), In re Tanaka 及びIn re Mostafazadeh (再発行出願), In re BP Lubricants (虚偽表示), Akamai v. Limelight及びCentillion v. Qwest (複数当事者が関与する侵害), In re Jung及びIn re Kao (自明性), Uniloc v. Microsoft (損害額), Billups-Rothenberg v. Associated Regional and University Pathologists (記載要件), Siemens Medical v. Saint-Gobain Ceramics and Plastics (均等論), Cancer Research Technology v. Barr Laboratories (不誠実な行為) について解説する予定です。(判例は変更する場合もありますが、その点はご了承ください。)

The cases to be discussed are:

35 USC 101 issues - Research Corp. v. Microsoft and Prometheus v. Mayo
Reissue practice - In re Tanaka and In re Mostafazadeh
False Patent Marking - In re BP Lubricants
Infringement of Claims Requiring Multiple Parties - Akamai v. Limelight and Centillion v. Qwest
Obviousness - In re Jung and In re Kao
Damages – Uniloc v. Microsoft
Written Description – Billups-Rothenberg v. Associated Regional and University Pathologists
Doctrine of Equivalents – Siemens Medical v. Saint-Gobain Ceramics and Plastics
Inequitable Conduct – Cancer Research Technology v. Barr Laboratories


The cases are subject to change.

In addition, with respect to legislations and the USPTO, update on Patent Reform Legislation and USPTO’s programs relating to patent examination including postponing introduction of Track I in the three-track proposal will be discussed.
また、国会関連では、特許法改正の進捗状況、米国特許庁関連では3トラック特許審査プログラムの第1トラック導入延期など特許審査に関連するプログラムの状況などについても触れる予定です。
講義時間2時間(休憩除く)
講師ダグラス・ミュラー 米国特許弁護士
通訳吉田 正子 米国特許弁護士
定員20人 ※先着順とさせていただきます。
受講料無料
申込期限2011年6月8日(Wed)
会場株式会社 山の手総合研究所
所在地:東京都渋谷区代々木2 丁目2-13 新宿TR ビル4F
交 通:JR 新宿駅南口より徒歩5分 大江戸線A1出口より徒歩1分

お申込前に下記をご確認下さい。

  • 本セミナーはメーカー等の企業知財部門関係者様が対象となっております。恐れ入りますが、その他の方の申込はお断りさせていただきます。
  • 参加申込の受付通知まで、お時間を頂戴する場合がございます。
  • セミナー中の録音機器、撮影機器のご使用はご遠慮願います。

 またのお申込み、お待ちしております。 

 セミナー