商品コード:
978-4-904227-15-2

2012 化学・バイオ知財判例年鑑

通常価格(税込):
13,200
販売価格(税込):
11,880
関連カテゴリ:
知財判例年鑑 > 化学・バイオ知財判例年鑑
発行:(株)山の手総合研究所
著者:廣田 浩一
[A4判] 450ページ
 本書は、「化学・バイオ分野の知財実務家」のための判例解説書です。化学・バイオ分野に特化し、かつ判例を実務にフィードバックするという視点で作られている点で、他の多くの判例本とは大きく異なります。

 2012年には、筆者の検討したところでは、全「571件」の知財関連判決が出されていました。本書では、その中で化学・バイオ分野に関連すると考えられた「119件」の判決をピックアップしています。これは、2012年の知財関連判決全体の「約21%」に当たります。

 化学・バイオ分野の知財実務家は、装置等の発明であっても、特徴がその材料にあるようなものの場合には、担当することになります。そこで、本書では、発明自体は装置等に関するものであっても、発明の特徴乃至争点が化学・バイオに関連するものは、可能な限りピックアップしました。また、争点が特許庁の手続違背や出願人等の手続ミスに関するものであっても、発明の名称等が化学・バイオに関連するものも、可能な限りピックアップしました。

 また、一言で化学・バイオ分野といっても、一般化学や材料分野と、食品分野と、バイオ分野と、医薬分野とでは、特許プラクティスや戦略なども大きく異なります。そこで、本書では、化学・バイオを更に「化学」、「食品」、「バイオ」、「医薬」に分類しました。特に「医薬」分野における特許プラクティスは独特であり、かつ重要判例が多いので、このような分類も有用と考えました。

化学・バイオの知財関係業務に携わる皆様、この機会に是非、書籍購入のご検討を。
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。